会社情報

  • 揚原織物工業株式会社
  • アゲハラベルベット株式会社
  • 沿革

揚原織物工業株式会社

創業 昭和9年6月
会社設立 昭和24年1月
資本金 5,000万円
代表者 代表取締役 揚原一郎
従業員数 122名
一般事業主 行動計画 揚原織物工業株式会社行動計画書(PDF 55KB)
福井県 働く人と経営者
による両立支援活動
推進事業 関係
当社の取り組みについて(PDF 1.22MB)
働く人と経営者による両立支援活動推進事業実績報告書(PDF 2.73MB)
事業内容 各種ベルベット製織並びに染色
主要取引先 旭陽産業(株)、NI帝人商事(株)、増井(株)、(株)ヤギ、
江守商事(株)、三谷商事(株)ほか
取引銀行 北陸銀行/鯖江支店、福井銀行/鯖江支店
本社工場 〒916-0057 福井県鯖江市有定町1丁目3-26
TEL.0778-52-7333(代) FAX.0778-52-7337
本社工場
戸ノ口工場 戸ノ口工場 〒916-1113 福井県鯖江市戸ノ口町17-15
TEL.0778-65-1522(代) FAX.0778-65-1933
戸ノ口工場
神中工場 〒916-0016 福井県鯖江市神中町2丁目9-20
TEL.0778-52-7030(代) FAX.0778-52-7930

アクセスマップ

アゲハラベルベット株式会社

会社設立 昭和41年4月
資本金 3,000万円
代表者 代表取締役 揚原邦弘
従業員数 16人
事業内容 各種ベルベット販売
主要取引先 伊藤忠商事(株)、三菱商事(株)、三井物産(株)、蝶理(株)、
丸紅(株)ほか
取引銀行 みずほ銀行/横山町支店、みずほ銀行/船場支店
本社 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-60-4
TEL.03-3667-8671(代) FAX.03-3667-8677
大阪店 〒541-0053 大阪市中央区本町1-5-6山甚ビル6F
TEL.06-6262-4431(代) FAX.06-6262-4434

本社 アクセスマップ

大阪店 アクセスマップ

沿革

昭和9年
6月/創業者、揚原新十郎が絹織物、織布工場を鯖江市西袋町に開設。
昭和24年
揚原工業株式会社に改組。レーヨン塩瀬、ビロード製織開始。
昭和29年
輸出向けビロードの生産開始。
昭和33年
河和田工場完成(鉄骨造)ビロードの年間生産高100万m²をこえる。
昭和36年
国内向け高級ビロードの需要増。レーヨン、アセテートベルベットの生産開始。
昭和37年
有定町に染色工場設立、操業開始。揚原織物工業(株)東京出張所開設。
昭和40年
自社開発によるダブル繊機完成。
昭和41年
揚原織物工業(株)東京出張所を揚原ビロード株式会社にと改組、改称して独立。
昭和42年
河和田工場改築、ダブル繊機100台設置。
昭和44年
4月/揚原ビロード(株)、アゲハラベルベット株式会社の改組。
昭和47年
1月/アゲハラベルベット新社屋完成。
昭和49年
8月/福利厚生施設として、伊東保養施設、琵琶湖保養施設できる。
昭和56年
1月/豪雪と闘う3週間(56豪雪)
昭和57年
4月/アゲハラベルベット(株)創立20周年記念。本社工場「高圧ガス基地」完成。
昭和59年
5月/創立50周年記念式典挙行される(鯖江商工会館)。
昭和60年
新型レピア繊機完成。企業年金制度に加入。
昭和62年
6月/創業者、揚原新十郎「勲四等瑞宝章」に輝く。
平成元年
8月/本社工場パトローネ棟(西側)完成。
平成3年
1月/創業者、揚原新十郎死去。社葬にて行う。戸ノ口工場検査棟完成(西側)。
平成5年
従来の衣料中心から非衣料分野の業績が順調に伸びる。育児休業制度が制定化。
平成6年
6月/創立60周年記念式典挙行。世界体操選手権鯖江大会。介護休業制度が制定化。
平成7年
1月/阪神大震災
3月/戸ノ口工場ダブルツイスター撚糸機設置。
平成8年
1月/本社工場製品倉庫第1期新築工事。
平成9年
1月/本社工場製品倉庫第2期新築工事。
平成11年
9月/本社工場ティース社製“連続タンブラー機”設置。
平成12年
3月/戸ノ口工場 荒巻・撚糸工場新工場完成。
平成16年
7月/福井豪雨  18日未明より福井県地方を豪雨が襲う。
10月/退職金制度の一部を確定拠出年金制度(日本版401k制度)に移換する。

ページTOPへ